笠間市にある自動車整備工場の嫁の仕事や子育て~


笠間市にある鈴木自工の嫁の日々の出来事のつぶやきです
by suzukijikou
カテゴリ
以前の記事
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
最新の記事
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

梅雨本番前に、タイヤチェック!

茨城県も梅雨に入りました。

タイヤ、大丈夫ですか?

皆様に安全なカーライフを過ごしていただくためにお声かけさせていただきます!

特に、高速道路など利用される方はとっても危険なので、

必ずタイヤの空気圧溝のチェックをしてください。

a0322471_14525236.jpg
こんな感じにツルツルになっていませんか?

溝があるように見えますが、地面に接地する部分は溝がなくなりツルツルに・・・

a0322471_14525321.jpg
新しいタイヤは溝があるのはもちろんのこと
ゴムが硬化していないので柔軟性があり潤った感じ110.png

キッチンなどにある輪ゴムをイメージしてください。
古いものは固くなって、切れやすいですよね。
タイヤもゴムなのでそんな感じです。

さて、本題に入りたいと思います。

ハイドロプレーニング現象」って、聞いたことありませんか?

雨の日に高速道路で起きやすい現象なのですが、

水がたまった路面である程度のスピードを出した時に、
タイヤが水に乗ってグリップ力を失い、まるで水上スキーのように滑ってしまいます。
こうなると、
ハンドルだけでなく、ブレーキまで効かなくなるという、
とっても危険な現象のことです。

タイヤが磨耗して上の写真のようにツルツルだと、
タイヤが踏んだ水を、溝からしっかり排出されないために、水がタイヤを覆ってしまい、水に乗り滑りやすくなります。
ちなみに、
溝の深さ1.6mm未満のタイヤは使用してはいけないと法律で定められています。

それから、空気圧
空気圧不足だと・・・・

偏摩耗になります。
安定性が失われます。
燃費が悪くなります
タイヤの発熱量が過度になり、損傷につながります。
ハイドロプレーニングが起きやすくなります。

空気圧過多だと・・・・
(偏摩耗中央部だけすり減る)が起こり、タイヤ寿命が短くなります
路面段差に過敏に反応するようになり、乗り心地が悪化します
バースト(タイヤの破裂)発生しやすくなります。

等・・・メーカー推奨適正値にしてください。

タイヤの空気圧は車種やタイヤの種類によって適正値が異なります。適正値はドア付近やオーナーズマニュアルなどに表示されていますのでそこでチェックしてください。

下の写真はクラウンです
a0322471_15293255.jpg
こんな感じに表記されていますので、確認してくださいね!

長々と、お付き合いいただき、ありがとうございました。

とにかく、日常のチェックを忘れずに!

自分じゃよくわからないって方は、行きつけの自動車やさんやガソリンスタンドへ

もちろん、当店へお越しくださっていただければ、丁寧に説明させていただきます!!

今日も安全運転でお過ごしくださいね110.png

[PR]

by suzukijikou | 2017-06-07 19:43 | 整備工場の嫁の仕事
<< 暑い~😰 昭和な感じの鈴木自工です。 >>